包茎手術を受けてはダメな人!包茎のデメリット-bhutandivinetours

- 包茎手術してはダメな人

更新情報

包茎手術してはダメな人

包茎手術は希望すれば簡単に受けることができます。
しかし中には包茎手術を受けないほうがいい人もいるのです。
基本的に仮性包茎の人は手術をする必要はありません。
仮性包茎の人の多くは見た目の改善のために手術を希望するでしょう。
そういった目的で手術を受けた場合、手術後に支障が出ることがあるようです。
通常時には仮性包茎でも、勃起時には亀頭が露出する状態の包茎の場合には、包皮を切除することによって勃起時に負担をかけてしまうことになります。
包皮が突っ張ったような感じになるかもしれません。
結果的に勃起時に痛みを伴うなどの影響が発生してしまいます。
通常時に比べると勃起時はかなり膨張している状態になります。
膨張率が高い人になると、通常時よりも4倍以上大きくなるということになるようです。
そうなると勃起時に合わせて包皮を切除することになるのですが、仮性包茎の状態であれば勃起時にはほとんど包皮が余っていないことになります。
そのため手術では包皮を少し余らせて切除することになります。
しかし手術が終わったら通常時には仮性包茎の状態のままということになるわけです。
望み通りの結果ではありませんよね。
もちろん慎重に医師に相談することによって、望み通りの結果を得ることができることもあるでしょう。
しかし手術を受ける必要があるかというと、そうでもないでしょう。
人によっては感度が鈍くなってしまうこともあるようです。
性行為時に快感を得たいという人がほとんどでしょう。
しかし包皮を切除したことによって感度が鈍くなってしまっては、意味が無いといえるでしょう。
このように本当に手術が必要ではない人が手術をすると、後悔することになるかもしれません。
手術はよく検討してから行うようにしましょう。

見た目的にも衛生的にも良くないことが多い

包茎(http://hou-kei.jp/)であることにコンプレックスを感じている男性は多いかもしれませんが、見た目的にも衛生的にも良くないことが多いようです。
特に包茎は性病になりやすいと考えられています。
包茎の人が多く感染する性器クラミジア感染症というものが主な性病になります。
性器クラミジア感染症は性病の中でももっとも感染者が多いとされている性病です。
日本だけでも100万人以上が感染していると言われています。
感染症と言っても、感染してからあまり症状が出ない状態が多いようです。
そのため感染していることに気づかないで性行為をしてしまい、相手に感染させてしまうということが多いのです。
性器クラミジア感染症の症状は、尿道から透明の膿のようなものがでたり、痛みを感じることもあります。
場合によっては精巣が腫れ上がることもあるようです。
発熱するなどの症状は、かなり病状が進行していることになります。
違和感などを感じた場合には直ぐに泌尿器科の病院に診察に行くことをおすすめします。
感染してしまう原因の殆どは性行為です。
そのため感染している人と性行為をしてしまうと感染してしまいます。
病原菌がいるのは粘液などの分泌液なので、病状が進行している場合にはキスでも感染することがあるようです。
この感染症は包茎でなくても感染しますが、包茎の状態の場合には包皮の内側に汚れが溜まりやすくなってしまっているので、このような感染症に感染しやすくなるとされています。

Copyright(C)2014包茎手術を受けてはダメな人!包茎のデメリット-bhutandivinetoursAll Rights Reserved.